フリーエンジニアの実態リサーチ

フリーエンジニア注目のエージェント「ITプロパートナーズ」

2位:クオリティを活かすならITプロパートナーズ

ライフワークバランスを考える人が増えたことなどから、働き方は一昔前に比べて多様化していますが、インターネット環境が整備されたことにより、その傾向は更に強まっているようです。ましてエンジニアの場合には、これから増々熾烈なWebサービス開発競争も始まるとあって、エンジニアの需要が現実の供給を上回る売り手市場になっており、スキルや経験次第では、フリーエンジニアとして活躍できる場が確実に広がっているのです。そこでそのような案件情報を提供する専門のエージェントを通じて、希望に沿った仕事を探すフリーエンジニアも増えているのですが、エージェントによって案件に特色が見られます。フリーエンジニア向けのエージェントランキング第2位には、ITプロパートナーズが挙げられますが、常駐型の案件のみを扱っている点に特徴があります。

週2日からの常駐

https://itpropartners.com/

直請けによる高額案件

そして即戦力として高いスキルを誇るエンジニアの活躍に見合うよう、例えば週3回で月額報酬が50万円の案件を紹介するなど、高単価を実現しています。これはクライアントとして募集案件の95%以上を占めるのが成長企業であって、中間搾取の恐れのない直請け案件が中心であることによるものです。なお一度仕事を依頼したクライアントから、再度同じフリーエンジニアに仕事を依頼する継続依頼率は、実に70%を超えており、ITプロパートナーズならではの巧みなマッチングもさることながら、紹介される人材に対し、クライアントからの高い信頼を獲得していることが覗い知れます。フリーエンジニアとはいえ、プロジェクトの継続する短期間だけ関わる通常の業務委託や派遣とは異なり、常駐することで常駐先の企業内に持続的で良好な人間関係を築きやすいという点も、深く関わっているのかもしれません。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。