フリーエンジニアの実態リサーチ

フリーエンジニアに対する需要の高まり

高まるフリーランスへの需要

昨今ではビジネス上において、パソコンや、タブレット端末あるいはスマホなどのスマートデバイスの利用が欠かせなくなっています。インターネット環境の整備に伴って、ビジネスのスピードもチャンスも様変わりしており、誰もがウェブ上に広がった新たな可能性を一足先に掴もうと、熾烈な競争を始めています。このようにIT化はこれまでにないほどの規模での勝者総取りを可能にしており、そのため一番乗りしたものが最大の富を手にするような構造にビジネスシーンを変えつつあります。しかしその一方で人々の働き方をも大きく変えようとしています。日本では特に、終身雇用や年功序列といった、会社中心の生き方がごく当たり前でしたが、今や仕事の内容によっては、会社という組織に縛られなくてもよくなっており、人々がフリーランスとして活躍する可能性が広がっているのです。

転職市場の活性化

直接的な原因は、バブル景気の崩壊に続く不況とはいえ、倒産やリストラといったネガティブな理由からやむを得ず転職する人が増える一方で、更にポジティブな理由から転職や独立に成功する人も増えています。特にIT分野は若い産業であり、また技術革新のスピードが並外れて速く、エンジニアに求められるスキルや経験が外でも通用しやすいものであるなどといった点から、労働人口の流動率が他の職種に比べて高くなっているのです。

非正規雇用の増加

そして日本の企業が一斉に新卒採用を行うことは、世界的にみても大きな特色といわれていますが、不況の影響により、新卒時に正社員としての就職ができず、そのまま非正規雇用から抜け出せないという若者が増えています。その一方でエンジニアに限らず、特に日本では東日本大震災をきっかけに、人々が家族や自分を大切にする生き方を模索するようになったことも見逃せません。これまでのような会社中心で滅私奉公するというのではなく、ライフワークバランスを考えて主体的に生きるための方法が、期せずしてIT化によって手の届くものとなったのです。例えば最近話題のクラウドソーシングとは、雇用によって人件費という固定費を払って長時間人を拘束するのではなく、幅広く仕事を分担することを可能にし、柔軟な働き方とコスト減を両立させて、「win win」の関係を築くものなのです。こうすれば例えば子育てや介護などで、短時間しか労働に時間を提供できない人や、こま切れの時間を有効活用したい人にもチャンスがあります。これは社会全体としても、これまでであれば埋もれてしまったままのスキルを活かすチャンスを与えることができたり、都会と地方との差を小さくするなど、経済の活性化や地域間格差を埋めるためにも有効であると期待されています。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。