フリーエンジニアの実態リサーチ

フリーエンジニアに向いている人とは

こんな人が向いている

戦後の歴史において、社会のIT化が世界規模で急激に進んだという事実は、人々の日常生活を根本から変えようとしています。パソコンの普及に続いて、瞬くうちにスマートデバイスが普及し、今ではインターネットは重要なインフラとして認識されるようになりましたし、より高速により安全にという飽くなき欲求に突き動かされるように、目覚ましい技術革新が次々と起こっています。このようなIT産業の隆盛は、同時にエンジニアの人材不足を招いています。エンジニアにとっていよいよ活躍の場を広がっており、世界中の需要増に対して供給が追い付かないと心配されています。そこで比較的労働人口の流動性が高いIT分野において、フリーエンジニアの数が増えています。しかしフリーランスになるということは、収入が不安定になるということを意味するため、闇雲にフリーランスを目指しても失敗するリスクも大きいのです。人によってフリーランスに向く人と向かない人とがいるのです。

プラス思考

フリーランスになるということは、会社勤めのような安定した身分を自ら捨てるということです。そのような冒険に乗り出そうという人は、一般的に見て、楽天的でプラス思考の人が多いようです。苦労を苦労と思わず、むしろワクワクして日々新しいことに挑戦しようとします。他人の後を追いかけて誰かの真似をするよりも、自分の信念や考えに従って独創的なアイデアで難局を切り抜けます。もちろん成功者につきもののエピソードをいくつか交えれば、後知恵で、まるで絵にかいたようなサクセスストーリーを描くことも簡単なものですが、ビジネスの世界には偶然も大きな役割を果たしているのであり、その偶然を抜け目なくチャンスに変えられるような人が、結果として生き残るともいえるでしょう。

社交的

そしてフリーランスとして成功する人は、人の輪の中心に居ることが多いようです。人付き合いが苦にならず、コミュニケーションが巧みで、いつの間にか付き合いが広がって行くため、仕事を呼び込む仕組みが自ずと出来上がるというわけです。最近ではWeb上に自分の作品を公開することも可能であり、世界に向けて自分をアピールするのも簡単になりましたが、誰もがそのチャンスを平等に持っているために、却って熾烈な競争に晒される結果を招いており、いかに自分を目立たせるのか、良いクライアントをいかに惹きつけるのか、という点では、必ずしもエンジニアとしての実力だけではなさそうです。

仕事が好き

そして地味ながら大切な要素は、エンジニアとしての仕事が好きであることでしょう。「好きこそ物の上手なれ」と言われますが、好きな仕事であっても苦労は多く、嫌な部分も苦手な部分もあるものですが、すべてをひっくるめて仕事に打ち込み続けることができる情熱を持続させるのは、並大抵のものではないのです。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。