フリーエンジニアの実態リサーチ

求められるフリーエンジニアの特徴とは

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスといえば、会社勤めのように毎日の生活まで会社に縛られることなく、自由な生き方を実現しているという意味で、憧れの存在ともなっています。しかしその一方では収入が不安定で、営業や実力次第では高収入を手にできるものの、浮き沈みが激しいという厳しい現実に日々直面することになるのです。そして会社勤めのような縛りがないだけに、自分自身で自分を律して行かなければならない面もあるのであり、成功するフリーエンジニアには守るべきルールがあるようです。

優先順位をつけること

フリーランスにとって、物事の優先順位をつけるということが一番重要です。というのも時間は誰しも1日24時間しかないのであり、いかに効率よく時間を使うのかということが、フリーランスにとっては収入にも直結するのです。会社勤めであれば、チーム内で仕事の割り振りを変えてカバーし合ったり、長時間の労働には残業代が支払われるなどといったことがありますが、フリーランスは基本的に自分の仕事は自分一人で完成させる責任を負っているのであり、また仕事の完成に対して報酬をもらうという契約である以上、どれだけ時間を掛けたのかはこの際問題ではないのです。

計画を前倒しにすること

計画を立てて、それを実行することはもちろん大切ですが、更にその計画を前倒しにして、予定よりも早めに終わらせるよう習慣づけるということは、「優先順位をつけること」に次いで重要です。最初に計画を立てる時には、何が起こるのか分からないため、不測の事態にも対処することができるように、ある程度の余裕を持って立てる必要があります。しかしその実行の段階に移れば話は別で、どうすれば早く終わらせることができるのかを常に考えて、どんどん計画を前倒しして行くことで、仕事を納期までに完成させなければならないというプレッシャーから早めに解放されるように工夫することができます。

コミュニケーションを密に採ること

そしてその次には、クライアントとのコミュニケーションを大切にするということが挙げられます。最近ではインターネット環境の整備によって、メールなどで要件を簡単に済ませることができますが、その分クライアントとの間に誤解が生じる余地も大きくなっているのです。誤解したまま仕事を進めてしまえば、場合によっては双方にとって大きな損害を生じる危険もあり、信用を失うことさえあるのです。クライアントとの間で長く良好な付き合いを続けて行くためには、いかにデジタル時代といえどもある程度「顔が見える」必要があり、クライアントの信頼を勝ち取るためには十分な説明や、綿密な打ち合わせに時間を割くということを疎かにしてはならないのです。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。