フリーエンジニアの実態リサーチ

「フリーエンジニアの実態リサーチ」のサイト管理およびプライバシーポリシーについて

当サイト管理について

IT業界の歴史は戦後からという、ごく浅いものですが、それでもこの短期間の間に、ビジネスにせよ日常生活にせよ、およそ社会全体の在り方まで変えてしまうような、世界規模での変革をもたらす技術革新を、次々ともたらしているという点で、歴史上類を見ないほどの目覚ましい発展を遂げています。その技術を支えるのはエンジニアであり、需要に対して供給が不足している状態は、解消されるどころか増々強まっていると懸念されています。しかしこの世界規模における社会の高度IT化に伴って、人々の働き方もより柔軟なものに変化する可能性を開く結果となっており、会社組織から解放されて、フリーエンジニアとして活躍する人も現実に増えています。

現場経験を武器に得意分野で活躍

例えばここ数年においてもエンジニアが関わる開発にはトレンドがありますが、それぞれに将来性を見極めながら、現場経験や得意分野を磨くことによって、フリーランスとして自立することができる下地が整って行きます。家庭用ゲーム業界からブラウザーを用いたサーバー管理ソフトウェアの開発を経て、ウェブアプリの開発を中心に多少のインフラ構築の現場経験があることによって、今やトレンドとなりつつあるウェブアプリ分野でフリーランスとして活躍することができるのです。

プライバシーポリシー

当ウェブサイトでは、収集・利用するすべての個人情報について、個人情報に関する基本的な指針を次のように定めています。当ウェブサイトでは、「個人情報の保護に関する法律」その他関係法令やガイドライン、及びそれらに基づいて定める本プライバシーポリシーを遵守して、個人情報の取り扱いには万全の配慮に努めます。当ウェブサイトでは、必要な範囲内において個人情報を収集することがありますが、それは利用目的に必要な範囲内に限定されます。そしてその収集は、適正かつ公正な手段によるものとし、法令等によって例外と認められる場合の他は、あらかじめ利用目的を明らかにするか、または取得後速やかに公表し、あるいは本人に通知します。
当ウェブサイトでは、個人情報の取り扱いには、適切な管理を行うと共に、外部への流出を防ぐ努力をします。当ウェブサイトにおいて管理する個人情報につき、ご本人の同意なしに、業務委託先以外の第三者に開示、あるいは提供することはありませんし、業務委託先にも個人情報の管理を適切に実施させます。但し、法令等によって開示を求められた場合や、裁判所や警察などの正当な権限ある公的機関からの要請に応じて、ご本人の同意なく個人情報を提供する場合があります。また当ウェブサイトでは、個人情報につきご本人あるいはその代理人からの開示や訂正、追加、削除の他、利用停止や消去または第三者への提供の停止の要請があった場合には、法令等に従って対応します。
お問い合わせ先:ferealityresearch@outlook.jp

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。