フリーエンジニアの実態リサーチ

いま人気のフリーエンジニアという働き方の実態に迫る!

フリーエンジニアとは?

フリーエンジニアとは、企業と雇用関係を結ばずに、プロジェクトや案件単位などで仕事を請け負うフリーランスのエンジニアのことを言います。不景気による大規模リストラ、過労死など、暗いニュースが続く中で、労働者は企業に依存せず生きる道を模索するようになり、終身雇用が保証されるわけではなく、こき使われた挙句使い捨てにされるぐらいなら自力で働いた方がいいという考えるのも自然な流れと言えるでしょう。とは言え、会社員には会社員のメリットがあり、フリーエンジニアという働き方に向いていない人もいますので、どちらが良いかは人によって異なります。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

これまでの日本の年功序列制度が終わりを迎えるにあたり、フリーランスへの人気が高まっています。また、IT産業の成長の速さから、特にフリーエンジニアがの需要が高まっています。

こんな人が向いている

こんな人が向いている

フリーエンジニアとして活動する前に、向き不向きも気にするべきでしょう。ポイントは3つで、プラス思考、社交性、そして仕事が好きかということになります。

フリーエンジニアの収入に迫る

フリーエンジニアの収入に迫る

フリーエンジニアの収入は一体いくらくらいなのでしょうか。一般的なシステムエンジニアの平均年収から高給取りのフリーエンジニアの収入を見てみましょう。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。