フリーエンジニアの実態リサーチ

フリーエンジニアが感じているやりがいとは

やっぱり収入?やりがいTOP3

フリーランスに対する漠然とした憧れはあっても、具体的にその状況をイメージすることができる人は、経験者でなければそれほど多くはないかもしれません。しかし深く考えずにフリーランスになると、思わぬ落とし穴にはまる危険もあり、その選択は慎重に行う必要があります。もちろんフリーランスになることには、メリットとデメリットの両面があり、それが人によっては向き不向きにもつながるのですが、それでもなお大きな魅力として、やりがいが挙げられます。

高い収入

会社勤めであれば、仕事をどれだけ忙しくこなしても、給与体系が決まっている以上、手にすることができる収入もその範囲内に留まります。しかしフリーランスになれば、同じ実力でも、その評価に応じて収入が変化します。高い評価を得られれば、会社勤めよりもはるかに高い収入を得ることもあるのです。また仕事の量もその完成に掛ける時間も自分の裁量次第であるため、上手くスケジューリングして、単価の高い案件を次々と納品していれば、その分だけ収入は高くなります。

時間が自由

またフリーランスにとって、1日の使い方は自分次第であり、誰に文句を言われる筋合いもありません。例えば集中できる時間帯が深夜であれば、深夜に仕事をすればよいのであり、その分朝が遅くても、昼間にゆっくりと外出していても構わないのです。ただし病気をしても怪我をしても、受注した仕事は基本的に自分が完成させなければならない責任を負っているのであり、クライアントの信用を失えばたちまち行き詰まってしまうというリスクも同時に抱えています。そのため自由な時間をいかに上手く使うのか、という点は重要であり、やりがいにも大きく影響してきます。フリーランスには本業の仕事の他にも自分でやらなければならない雑務も多いため、会社勤めのように決められた仕事だけを担当するというわけには行きません。

仕事を選択する権利

フリーランスになると収入が不安定になるという恐怖から、やたらと単価の安い仕事を大量に受注してしまうと、機械のように働いても収入も実力も思うように上がらず、やりがいを見いだせなくなってしまいます。そこで仕事の選択ができるということは、フリーランスにとって重要な要素なのですが、選択の基準をじっくりと考えておく必要があります。将来の可能性を考えれば、収入には直接結びつかなくても経験しておく必要のある仕事というものもあるでしょうし、また報酬を得て完成させる仕事の他に、日々の勉強も欠かすことができないのです。エンジニアの世界は、技術革新によってそれまでの常識をあっけなく覆されるという危険がある中で、自分なりの強みを育てながら、ある程度トレンドに左右されない実力を身に付けられるような仕事を選ぶ必要もあるのです。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。