フリーエンジニアの実態リサーチ

フリーエンジニアの悩みを紹介

お悩みTOP3!休みが取れない?

会社勤めの身でフリーランスになった自分を想像してみても、実際に経験する厳しい現実をどこまでイメージできるのかは疑問です。というのも会社勤めであれば、当然と思っている身分の保障や福利厚生が、フリーランス宣言を境に、影も形も無くなってしまうのです。フリーランスになれば収入が不安定になると頭では知っていても、実際に何か月も仕事を受注出来なかったり、報酬が入金されなかったりすれば、誰しも焦りと苛立ちを募らせるものです。このようにフリーランスになる夢を見る時には、どのようなデメリットがあるのかを知っておくことは大切です。

事業の失敗

華々しいサクセスストーリーに彩られた成功者の物語は、同じようなサクセスストーリーが自分にも待ち受けているのかもしれないとの期待を膨らませます。しかし実際のところ、その裏には数えきれないほどの失敗の物語が隠れているのです。フリーランスとはいえ経営者である以上、資金繰りに頭を悩ませることになります。設備投資が必要な場合や、仕入れにある程度の資金を必要とするような場合には、やむを得ずフリーランス個人が借り入れをすることになるかもしれません。そこで綱渡りのような資金繰りから何らかのトラブルが生じて返済が滞ってしまった場合、全責任を負うのは当のフリーランスただ一人です。この点会社組織であれば、会社の名前で借り入れた資金は、会社の責任であり、社長として個人が連帯保証人になっていなければ、責任が個人にまで及ぶことはありません。またフリーランスは病気や怪我で仕事が続けられなくなっても、その先の生活の保障もないのであり、事実上無収入となってしまいます。

年中無休営業

フリーランスにとって1日のスケジュールが自由であり、時間配分には自由な裁量があるとはいえ、それは裏を返せば意識して休む時間を採らなければ休みが無いということでもあります。フリーランスは会社勤めのように、指示された仕事だけを済ませればよいというわけには行きません。本業に直接関係する業務以外に、経理など雑務も多く、また日々勉強や情報収集に時間を割くことも大切なのです。ビジネスチャンスにどこで出会うか分からないのであり、常に備えておく必要があるのです。その代り上手く行けば、手掛けた分だけの報酬が手に入るのであり、会社勤めよりも余程充実して高収入な日々を送ることができるチャンスはあります。

社会的信用が低い

そしてフリーランスになるということは、会社勤めのように定期的に収入が見込める訳ではないため、社会的な信用が低くなります。住宅ローンや車のローンなども審査を通過するのが難しくなり、またそれほどの高額商品ではなくても、分割払いの契約が結べない場合が珍しくありません。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。