フリーエンジニアの実態リサーチ

未経験からフリーエンジニアを目指すには?

未経験からでも目指せる

フリーエンジニアの中には、独学やスクールでプログラミングを学び、現場経験がない状態からフリーランスエンジニアとして成功を収めた人もいます。と言うことは、未経験からフリーエンジニアを目指すのは可能だということです。近年フリーエンジニアの需要は高まりを見せており、フリーランスとして活躍する人も増えてきました。会社勤めのシステムエンジニアの場合、平均年収600万円ほどと世界的に見ると高収入の部類に入りますが、フリーランスとして案件を獲得し続けられた場合にはさらに年収がアップする可能性を秘めているため、独立を考える人も少なくありません。しかし収入の浮き沈みが激しいと言われるフリーランスに転身するには相当な覚悟が必要です。フリーランスエンジニアを目指すなら、しっかりと情報収集を行ってから挑戦しましょう。

事前のスキル習得が大事

未経験であっても、プログラミングのスキルを身につけておけばフリーランスとして活躍することは可能です。ということは、スキルが伴っていなければフリーエンジニアを目指すのは少々難しいということになるでしょう。エンジニアにとって大切なのは、知識とスキルを保有しているかどうかです。まずはどんな分野の仕事をしたいのか考えておくことが重要になります。分野を絞ったうえで、必要となる知識や技術を洗い出して学習計画を立てることがポイントです。分野の選択では、未経験からでも比較的目指しやすいところに絞ると良いでしょう。もし独学で習得する場合には、基礎をしっかりと学べる参考書を選ぶことが大事です。自分で学習する際には間違いに気づかずに学習を進めてしまうことがあります。そのため、最低限知っておくべき基礎知識が学べるもの、またネットワークの基本について把握できる入門書や解説書など、必要なことが書かれてある参考書を選びましょう。

独学で目指すときの注意点

前項でも少し触れましたが、未経験でも比較的目指しやすい分野があります。もちろん興味のある分野であるかどうかも学習するうえで大事なポイントですが、未経験者が学びやすい言語があり、その分野を選ぶことで未経験でもフリーエンジニアを目指しやすくなる場合もあるのです。また、ITエンジニアの人材不足による需要の高まりにより、エンジニアに必要な知識やスキルを手軽に学べる環境が増えてきたことも未経験からフリーエンジニアを目指せる理由の一つと言えるでしょう。低コストでエンジニアに必要なノウハウが入手できるため、独学でプログラミングを学ぶ人も増えてきています。そこでネックとなるのが、独学の場合、学びの師がいないことです。現場経験を積むことではじめて得られる知識もあるでしょう。会社勤めの場合には先輩から学び成長していくものですが、独学では指南してくれる人がいないので問題が生じたときに解決方法を見つけることが困難になります。そこで、参考書の次におすすめなのがオンライン学習サイトを活用した勉強方法、またはプログラミングスクールに通う方法です。働きながら通える社会人向けのスクールもあるので検討してみましょう。

転職または副業からはじめてみる

会社を辞めていきなりフリーランスに転身するのは誰しも勇気がいるものです。計画的にフリーエンジニアを目指したとしても、その後すべてが上手くいくとは限りません。エンジニアの仕事そのものの経験がなければ、全くの未経験からフリーエンジニアを目指すのはかなり難しい状況でもあります。そのため、独学では難しいと感じた場合には、エンジニア職へ転職して実務経験を積むのがおすすめです。未経験であれば、最初は簡単な案件を回してもらえるため、徐々に件数をこなして実績を積むことができるでしょう。実績次第では難しい案件にチャレンジする機会も得られるなど、幅広い経験とスキルを習得することが可能です。最低でも1年ほどの実務経験があればフリーランスエンジニアとして活躍することも比較的容易になります。実務経験がないフリーランスは、即戦力にならないのではと思われがちなので案件獲得が厳しい状況になりかねません。スキルが低いと報酬単価は低く、仕事が獲得できないこともあるため、何よりもまずは実績を積むことが大事です。エンジニア職に転職し、働きながら副業でフリーエンジニアとして活動すると、さらに独立成功への近道にもなります。もし転職が難しい場合には、現職に勤めながらエージェントサイトを通じて簡単な案件を受注し経験を積む方法もあるので検討してみると良いでしょう。

フリーエンジニアを目指している人におすすめの記事NEWS

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

1位:高額報酬を狙うならレバテックフリーランス

近年増えているとはいえフリーエンジニアにとって、継続的に良い仕事を獲得するということは最大の課題ですが、最近は売り手市場ということもあって、クライアントとのマッチングのために専門のエージェントを活用する例が目立っています。中でも定評のあるのはレバテックフリーランスであり、クライアントからの直請け案件がほとんどを占めることから高額の報酬を実現するなど、フリーエンジニアに対するサポート体制を整えています。

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

何で差が出る?求められる人の特徴TOP3

フリーランスは収入が不安定で、リスクが高いということから敬遠される傾向にありましたが、不況が長引くにつれて会社勤めといえどもリストラや倒産の恐怖に怯える現状に、積極的にフリーランスを目指す人も増えています。しかし会社勤めに比べて何かと自由なフリーランスになって成功する人の特徴として、物事に優先順位をつけられることや、不測の事態への対応など空白時間を折り込んだ計画の実行を前倒しする習慣や、コミュニケーションを大切にする姿勢が認められます。

高まるフリーランスへの需要

高まるフリーランスへの需要

フリーランスといえば、独立開業が可能な一部の資格者や技術者、あるいはライターや編集者といった、ごく限られた人というイメージがありましたが、近年はビジネス環境の変化に伴い、多くの人にフリーランスとして活躍する可能性が広がっています。バブル景気崩壊後の不況によって正社員として就業できずにいる人も珍しくない一方、インターネット環境の整備などによって、例えばフリーエンジニアに企業が広く業務をアウトソーシング化することも可能になったのです。